2019/9/27 ハルマタカミツ「脱獄の唄」リリースパーティー

そこそこの年数バンドやってると色んな出会いがあるもんで。

今回もそんな1つの出会いがコロコロ転がり、個性的かつ熱意溢れるアーティストとのコラボCDをリリースするに至りまして。
数日経って思い返し「なんだか面白いな、人生」とか呟きつつストロングゼロをキメる秋の夜の路の上。
セブンイレブンのフリーWIFIめっさ便利やねぇ。

どうも、イチローです。

さてさて、先述した僕達クラストとCDをリリースしましたこのお方、シンガーソングライター、名はハルマタカミツと申す。

レコーディングは夏の深夜やったなぁ。

バンド入れ。
1発録りならではの空気感、最高です。


コーラス入れ。
自分達のCDよりはしゃいでしまいました。


早朝の三ノ宮で写真撮影。


そして、これが、、、

こうなる訳ですよ!

ハルマタカミツ with Clap Stomp Swingin’
「脱獄の唄」
全6曲(ハルマ君のオリジナル5曲+カバー1曲)
1,500円也

音も声も写真も全部、一晩で録り切り。
ある意味僕達の8月6日の一夜が外見も中身も含めて永遠に記録された、そんな1枚。

ええ盤ができた!
次はリリースパーティーやで!お披露目や!

と、ようやく本題ですね。
ライブレポです笑

会場は
神戸 旧居留地オリエンタルホテル
オリエンタルテラスにて

ここでイベントを組めるのがハルマ君の人徳、彼の財産のおすそ分けいただきました。
おしゃれやなこのかふぇー、とか、このかんじらぐじゅありーちゃうけ、とか適当な事普段から言うてますが、ここまで本格的にお洒落でラグジュアリーでショーアップされた空間なかなかないでな。

お客さんもみんなドレスアップしてご来場。
ドレスアップがレベルアップし過ぎて猫化する達人まで。

フロアを踊らせるゲストDJ PENNY君
ドツボな選曲、こちらも最高!

開演前の控え室。

はて、ハルマ氏とのそもそもの出会いはなんやったかなー?

おおよそ3年前、とあるイベントでTPOスレスレにはしゃぐ我々を見て興味を持ってくれてー
その次の年、2017年の年末ワンマンに遊びに来てくれてバンドマンバイブス感じて意気投合してー

↓(そん時のやり取り出てきました)

その後はハルマ君の「閉店後セッション」コラボをしたりー
(閉店後ってのは彼が店長を務めます突撃洋服店、の閉店後って意味です、2017年発足)

お店でもクラストのワンマンライブやらせてもらったりー(2018年、全国ツアー神戸編)
能とコラボったカッコええ企画呼んでもらったりー
たくさん動画も撮りましたなー
(詳しくはYouTubeで閉店後セッションを検索)

と、ツラツラと書いてきましたが、閉店後セッション発足からCDリリースまでの彼の年単位プロジェクトが全てクラストとの出会いから始まり、今回のコラボを目的に進んでたってのを種明しのようにCDが出来てからカミングするハルマ君はホンマカッコええなと笑

ちなみにハルマ君、ノーザンソウル界で名の知れたダンサーさんでもあります。
草鞋履きすぎ、足何本あるねん。

そんなこんなで開演!

ちなみにこの日は2000円で飲み放題!

開演を迎える頃にはナイスDJも拍車をかけ、レストラン、テラス合わせて300名を超えるお客様、ほぼ全員がドリンキン。

時はきた!


まずはクラストから。


リンディホッパーの皆様もご来店。
ハルマ君、流石のリード。


後ろのOriental Hotelのライトがイイね。


本日の主役。
存在感。

ハルマタカミツ with Clap Stomp Swingin’
「脱獄の唄」リリースパーティー

〈セットリスト〉
1.Sunday
2.Poor Butterfly
3.Tiger Rug

4.眠れない夜
5.おてんばウェンディ
6.メリーはただのトモダチ(cover)
7.野良猫オイラ
8.あてつけの恋
9.乙女ゴコロ
10.しらけちまうぜ(cover)
11.ダイナ
12.500マイルの旅に出よう
13.脱獄の唄


この表情!
大成功!


この日の写真、そしてCDのジャケはタカギトオルさん撮影。
時間を切り取る切れ味抜群、凄腕っす。

お客さんも皆、踊って笑って仲良くなってで幕を閉じたリリパ。
ご来場いただいた皆様に酒あれ。

そんなハルマ君とクラストのコラボCD「脱獄の唄」

通販サイトはこちらへGO

https://shinzou.base.shop/items/23745441

勿論、クラストのライブ会場でも購入可能となっておりますよ!

活き活きした音になってますえ♩
是非是非どうぞー!

▼この記事を共有する