WHAT IS SWING JAZZ ?

「スウィングジャズとはなんぞや?!」

ロック、ヒップホップ、ブルース、ソウル等々、音楽は様々なジャンルに細かく枝分かれし、「ジャズ」一つとってもビバップ、ハードバップ、クール、コンテンポラリー、フリーと数えだしたらキリが無いほどに細分化されています。

僕たちクラストは大きくカテゴライズされた「ジャズ」の中の「スウィング」というジャンルをサウンドの土台にして活動しています。

なぜ「スウィング」なのか?

ここでは僕たちの大好きなスウィングジャズの解説と共に、その魅力に迫ってみたいと思います♪

スウィングジャズ(以下、スウィング)はアメリカで誕生し世界に広がった、耳なじみの良いメロディーと小気味良いリズムが特徴的なダンスミュージックです。

当時の人々にとってのポップミュージックであり、あらゆるエンターテイメントの現場で鳴り響いていたのが「スウィング」

ジャズの持つマイナスイメージ「難しそう」「聞く人を選ぶ」「静かに聴かなければいけない」とは無縁の、とにかく「楽しい」音楽です。

老若男女、時代と世代を超えて誰もが楽しめる、踊れるそれが「スウィング」なのです!

時は1930年代、レコードやラジオが普及し始め、たちまち人々はスウィングの虜になりました。
音楽がリズムがメロディが当時の人々の心の癒しになったのです。

ここ日本にも幾つもダンスホールが立ち並び、生演奏に合わせてダンスを踊るといった流行がありました。
国内にはダンスバンドがいくつも誕生し、人々は「スウィング」と「ダンス」に熱狂したのです。

(日本国内のダンスホール)

(和服と洋服が混在したダンスホール)

時代は変わり、多様で多彩な音楽が溢れる現代でも、ジャズの持つ即興性とダンスミュージックとしてのエンターテイメント性を併せ持つ「スウィング」は色褪せる事なく、今も世界中の人々の心と体を踊らせ続けています。

「音楽」「ダンス」「ファッション」これらが混在一体となった「スウィングカルチャー」
あなたの日常を躍らせる「生の現場」を是非ご体験あれ!

<高田の選ぶスウィングコンボ名演集>

Nat King Cole 「It’s only a paper moon」

John Pizzarelli 「After You’ve Gone」

Cats & The Fiddle 「Killin’ Jive」

<イチローの選ぶスウィングダンス名演集>

Slim & Slam 「Hellzapoppin’」

Cab Calloway & the Nicholas Brothers「Jumpin Jive」

<岸本の選ぶビックバンド名演集>

アーティーショウ楽団

グレン・ミラー楽団

ベニー・グッドマン楽団

<山下の選ぶ日本語スウィング名演集>

ディックミネ「リンンゴの木の下で」

エノケン「ダイナ、月光値千金、私の青空」

笠置シヅ子「銀座カンカン娘」

クラリネット鈴木章治と安田伸 ザ・ピーナッツ「鈴懸の径」