8/5(日)舞鶴赤煉瓦サマージャズ+2018

8月ももういつのまにかお盆に入り、実家でのんびりと過ごしてる方、休みなく働いてる方、宿題に追われてる子、様々だと思いますがいかがお過ごしでしょう??

クラストはと言いますと、次なるプロジェクトに向けてノンストップでアクセル踏みっぱなし。楽しいことがめじろ押し!

そんな報告はまた後日させていただくとして、8/5のイベントのレポートをハチ北高原で山籠り中の山下が執筆中でございます

先週はと言いますと、枚方市の意賀美神社さんでの演奏でした
枚方の地域は大阪でも一番暑い?というような場所で、サハラ砂漠と同じ気温、、、

真夜中で31度のサハラ砂漠も大概ですが、AM9時前で30度超えって、、、夏真っ盛りすぎ!

楽器を運ぶだけで大量の汗が飛び散るなか、、同じようにイベントの準備をせっせせっせとされている出展者さんたちの姿が。
僕らのステージも炎天下の中たくさんの人が聞いてくださいました。
みなさんの思いの詰まった良きイベントでしたよ

枚方の食と暮らしのマーケット

こだわりの手作り工芸品や、オーガニックな食材に、手作りソーセージ、地ビールなんかも並ぶ境内は、子供も遊べるシャボン玉コーナーやいろいろ。夏祭りの様な気分でした。
E4441467-A372-46EB-8626-83E81F35C150

神社でのイベントということもあり、和太鼓の演奏もあり、境内は子どもも大人もたくさん賑わっておりました。日本の夏って感じ


一息つかぬまま、この日はダブルヘッダー
舞鶴へ向かうのです!

暑すぎる屋外での演奏後、体が蒸発しそうになりましてん

そんでもって、久しぶりにヘドバンをしたことから体がおかしくなり、高田サポーターをすることに。な、なんとも、変態な様子

そんなこんなで、

無事到着し、速攻でリハーサル

この日はほかに4バンド出られておりました。舞鶴にゆかりのあるバンド、プレーヤーやそうでないバンド。ジャンルも、モダンジャズ、ファンク、オリジナル、スウィングなどいろいろ。

1902年から1903年に海軍の軍備倉庫として使われていた赤レンガ倉庫群。今では使われなくなり、内装を改装して市政記念館、赤煉瓦パークとして観光のスポットになり、全国、海外から人々がその歴史ある建物に感銘を打つ光景が見られます。

昼はこんなん

夜はこんなん

こんな歴史趣ある場所で、毎年ジャズフェスティバルが開催されており、立派なステージもあります。
そして、この舞鶴で一番大きなジャズフェスティバルの大トリを務めさせていただきました。光栄なことでした。


舞鶴の方々もみんな笑顔で楽しんでくれました。大変嬉しかったです。

夢はまだまだ大きく、大空を舞う鶴のように羽ばたいていきたいと思います。

山下の故郷舞鶴での凱旋ライブ大盛況にて終了!

終わった後は、舞鶴で唯一のスーパー銭湯、光の湯にて汗を流し、帰路へと着きました。


さて、次なるプロジェクトに進めてまいります。

▼この記事を共有する